女性の薄毛の問題

女性が薄毛になる要因:ホルモンバランスの乱れ

女性を悩ませる薄毛ですが、
ホルモンバランスの乱れが原因のひとつとしてあげられるというのは一度は聞いたことのある話でしょうか。
女の人は月経周期に合わせ、二つのホルモンが変動しています。
そのために月に一度生理がきたり、排卵が行われたします。

 

ストレスなどの刺激は脳から卵巣に直結しており、結果として女の人はホルモンバランスを崩しやすい傾向にあります。
また、女の人は30代からといわれていますが、女性ホルモンが減少していきます。
そして40代になるとさらに急激に減少していくため、30代〜40代で薄毛に悩む方は多くいらっしゃいます。
そんなホルモンバランスの崩しやすさに加え、近年では生活習慣の乱れや過度なダイエット等により、体や精神に与えるストレスは大変深刻であります。

 

ストレスを受けたときなど、体内の男性ホルモンは増加します。
頭皮を触ってみると、皮脂が多くなんだか匂う・・・。
皮膚が硬く、マッサージしてもガチガチして動かない・・・。
なんていうことはありませんか?

 

これはストレスによる血行不良の他に、
男性ホルモンの影響が考えられます。
この男性ホルモンは、皮脂を強くする作用や体毛を濃くする作用があります。
適度な男性ホルモンならいいのですが過度な男性ホルモンは、脱毛や薄毛までうながしてしまう弊害があります。
ですので薄毛の原因を取り除くため、ホルモンのバランスを整えることが重要です。
女性ホルモンを多く含まれる大豆製品などを食べ、規則正しい生活、ストレスの発散、適度な運動、これらを行うことが効果的であるといえます。

 

女性が薄毛になる要因:血流不全

昔から髪は女性の命と言われており、若い世代ではさまざまな髪型を楽しんだり、カラーリングを行ったり、髪のおしゃれをいろいろと楽しまれている方も多いものです。

 

若い頃の髪はとても健康でパーマやカラーにも強く、比較的傷みにくいですし、そして髪にもコシがあり、量もしっかりあります。

 

でも、年齢とともに髪の元気さは失われており、女性でも薄毛の症状で悩まれている人は少なくありません。

 

薄毛の原因は実にさまざまあり、ダイエットでの栄養不足、出産後の抜け毛、そしてストレス、加齢によるもの、さらにホルモンバランスの乱れによるものなど実にさまざまです。

 

髪の状態を改善するためには、まず髪に悪い影響を与えている原因を取り除いていくことがおすすめです。

 

そしてこれらの原因以外にも血流不全が原因していることもあります。

 

女性は冷え性の人が多いですが、血流が悪いと、頭皮にまでしっかりと血行が行き届きませんので、それが原因で健康な髪が生えてこないこともあります。体を温める食材を食べたり、運動で血流をよくする、さらに、頭皮マッサージなども効果的です。

 

それからタバコなども血流不全には良くないですし髪だけではなく、肌や健康にも影響が出てしまいますので、できることなら禁煙していきたいものです。

 

最近は薄毛治療も進んでいますが、まずは毎日の生活習慣や食事、シャンプーの仕方なども見直していくことが大切です。

 

血流を促進することは髪だけでなく、健康にも良いですから冷えなどの症状がある方は改善の努力を続けていきたいものです。

更新履歴