ヘアケアの前の薄毛対策:睡眠編

ヘアケアの前の薄毛対策:睡眠編

薄毛が気になっているのなら、ヘアケアの前に睡眠についても考えておくとよいです。髪の毛は寝ている間に作られます。しっかりと薄毛対策用のヘアケアをしていても、睡眠不足では結果を出すのが難しくなります。眠りの質が悪かったり、時間が足りていないと、十分な成長ホルモンを得ることが出来ません。

 

 

 

成長ホルモンが足りなくなれば、髪の毛を作ることができなくなります。成長ホルモンはいろいろなところで使われています。髪の毛は生命維持への関連が薄いですから、成長ホルモンが足りなくなれば真っ先に削られてしまいます。それに眠りが不足することで、皮脂が過剰に分泌されてしまい頭皮が脂性になってしまいます。上手に睡眠をとって、薄毛の対策に役立てるとよいです。

 

 

 

上手に成長ホルモンを分泌させるためには、眠る時間帯も大切です。肌のゴールデンタイムである午後十時から翌午前二時までの間は、髪の毛にとってもゴールデンタイムです。この時間帯を上手に活用することで、薄毛対策に役立てることができます。

 

 

 

毎日、この時間帯に眠るのは難しいかもしれませんが、少しでもこの時間帯に眠れるように工夫をするとよいです。なかには快眠できないという方もいます。快眠かどうかも成長ホルモンの分泌に影響してきます。

 

 

 

快眠をとるための工夫も大切です。寝具に注意したり、入浴や運動で体温のリズムを整えたり、照明の明るさを調整したりなど、快眠のための工夫をすることも薄毛対策に繋がります。