ヘアケアの前の薄毛対策:バランスの良い食事編

ヘアケアの前の薄毛対策:バランスの良い食事編

ヘアケアというとシャンプー剤やカラーリング、紫外線など外からの刺激が良くないのではないか、栄養剤を使ったほうがよいのでは、と思いがちです。

 

 

 

実際、頭皮に直接ふれる刺激からくる影響もありますが、髪の毛や頭皮の健康を作り出すのはやはり体内からであって、食事をバランスよくきちんと採ることも大変必要なことです。

 

 

 

バランスよくとるといっても、さまざまな栄養学があり、体や髪によいといわれる食材もテレビや雑誌等でたくさん紹介されています。そこで提案したいのが、まごわやさしい、という食事のとり方です。豆、ごま、わかめ、やさい、魚、しいたけ、いも、これらの頭文字をとったのが。まごわやさしい、です。これらの食材はむかしから体によいとされている食材で、頭皮や髪をつくり出すうえでも大切な必要な栄養です。

 

 

 

食事のたびにこれらの食材が揃っているか気にしながらメニューを考える、という方法で、はじめのうちは、なかなか覚えられなかったり、覚えられても七品目をそろえるのが難しかったりします。毎回チェックするうちに覚えられますし、毎食七品目そろわなくても、心掛けることが大切なので、前回採れなかった食材を次にとりいれるようにすればいいのです。

 

merry 原宿店 http://www.merry-harajuku.jp/

 

皮膚の細胞には生まれ変わるサイクルがあるのですぐに効果は実感できないかもしれませんが、しばらくすると頭皮だけでなく体全体が調子がよくなっていくことも感じていくかもしれません。頭皮に直接あたえるヘアケアも必要なときもありますが、その前に、まごわやさしい、もぜひ取り入れてください。