薄毛の意外な原因とは

薄毛の意外な原因とは

最近よく話題に上る「女性の薄毛」ですが、これには本当に色んな理由が考えられるようですね。例えばその一つが目には見えない「紫外線」です。少し具体的にこのことに関して考えてみることにしましょう。

 

夏の刺すような日差しにきっと恐れを抱いている女性も多いのではないでしょうか。しかしこの紫外線は肌だけではなく髪とか頭皮にもかなりのダメージを与えることがあるのです。皆さんは「光老化」なる単語を聞いたことがあるでしょうか。

 

これは簡単にいうと紫外線が原因の老化現象なのです。簡単に言えば髪が「日焼け」することによって内部にある「メラニン」を分解してしまいます。つまり髪の色が赤茶色っぽくなるのです。メラニンは毛髪を黒くしてくれる色素ですからそれが壊れることで白髪が増えたように見えることもあります。

 

さらに紫外線が起こす光老化は毛髪に含まれる「ケラチン」というたんぱく質を切断してしまうので枝毛やさけ毛などが多くなり薄毛の原因となることがあるのです。よくこのようなことが話される時には「ホルモンバランス」などが原因と言われることがありますが、夏場の紫外線も決して無視できない要因の一つなのです。

 

ではこの点に関してどのような「対策」をすることができますか。非常に簡単なのが「帽子」とか「日傘」を使うことですね。そうすることによって髪や頭皮を守ることができるのです。もちろんこの点でUVカットの商品や黒いものを選択するなどの工夫が必要になってくるでしょう。