タバコと薄毛の関係

タバコと薄毛の関係

今はタバコの「大幅増税」が非常に話題になっていますね。この機会に「禁煙したい」と思っている方も多いのではないでしょうか。実は喫煙の習慣は女性にとって「薄毛」とも大きな関係があるのです。少しこのことを考えてみましょう。

 

まずタバコを吸うことによって、食生活に気をつけていても栄養素が「減少」してしまうことがあります。例えば「ビオチン」はニコチンを代謝するためにかなりの量が消費され、体から少なくなってしまいます。そうすると白髪とか脱毛などの症状が出てしまうのです。

 

この点でもしどうしてもタバコを止められないのであればレバーとかイワシ、牡蠣などのビオチンを多く含み髪に良いものを意識して沢山食べることが必要になりますね。また喫煙すると「一酸化炭素」が体内に大量に入ることをご存知でしょうか。

 

一酸化炭素は血液中の「ヘモグロビン」と結合し酸素が体に運ばれるのを何と邪魔してしまうのです。簡単に言うとそうすることで「酸素不足」に体が陥ってしまう訳です。当然ながら頭皮の「細胞」にも酸素が届かず健全な毛髪育成がされない結果となるのです。

 

女性の薄毛にはこのような可能性もあることを覚えておいてください。最近「髪が薄くなってきた」とか「ボリュームが無い」と悩んでいる方はタバコを思い切ってやめて、その量を減らすなどして髪をいたわってみるのはいかがでしょうか。

 

最近ではお医者さんの元で計画的に禁煙を始める方も多くいらっしゃいますので、まずは相談してみることができるでしょう。