女性が薄毛になる要因:タバコ、アルコールの取りすぎ

女性が薄毛になる要因:タバコ、アルコールの取りすぎ

女性は本来、頭髪を豊かにする女性ホルモンが男性と比べると多くありますので、
男性の代表的な悩みのひとつである「薄毛」とは、無縁であるかのようにも思えます。

 

 

 

しかし、現代は、女性も男性と対等に社会に進出しており、実に多くのストレスにさらされる事と
なっているのが現状で、頭髪の薄毛に悩む人も多くなってきているようです。

 

 

 

ストレスが強いと、そのストレスを解消する手段として
タバコ、アルコールの摂取などがありますが、
これらが間接的に、健全な頭髪の育成を妨げている場合があります。

 

 

 

嗜好品と呼ばれるタバコやアルコールですが、
あまりに過度にとりすぎてしまうと、その行為自体が、身体にダメージを与えていきます。
具体的には、身体のサビの元となる活性酸素が増え、血液の質も悪くなってしまうのです。

 

いくら好きだとしても、タバコを沢山吸ったり、アルコールを過剰摂取する日常を続けていたらどうでしょう。
頭皮は、心臓から離れており、ただでさえ、血流が行き渡りにくいうえに、
栄養不足の血液しか巡らない状態になってしまいます。

 

 

 

一時的には、気分を晴れやかにするものですが、体内では逆で、
つねに身体がストレスを抱える状態となり、悪循環となってしまうのです。
このようなサイクルが続くと、頭髪も元気を失い、脱毛を引き起こしたり、髪の毛が細くなってしまったりして、
薄毛へとつながっていくのです。

 

merry 渋谷店

 

気になってきた方は、まずは生活習慣を見直し、
もし当てはまる要素があれば、少しずつ改善する事を心がけましょう。